2009年01月30日

絵本の読み聞かせ

俊平が1ヶ月をすぎたころから、絵本の読み聞かせをしています。

そんな小さい頃から、と思われるかもしれませんが、
インプットというよりは、コミュニケーションの一つのかたち。
親の声で語りかけることで、赤ちゃんはとても安心するし、
脳への刺激にもなるそうです。

ちなみに童謡を聞かせることも同様です(←シャレじゃないですよ〜)

読む絵本はすでにこんなに!
絵本2.jpg


出産祝いでいただいたものから、
いとこたちのおさがりから、と自然に集まり、
自分たちで買ったのは、パパサンタが買った3冊だけ。

バルタンさん、みなさん、ありがとうございます。

今は、一日30冊(回)を目安に読んでいます。
赤ちゃんの絵本は字が少ないので、あっという間です。
3ヶ月目に入った最近は、10冊くらいは連続で、集中して聞いているようになりました。

パパも読んでます
絵本1 005.jpg

絵本にもいろいろあり、やはり名作と言われるものはいいですね。
なかでも『公文のすいせん図書』ははずれがないです。

気持ちがふんわりと温かくなります。
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

怖がらなくていい。注意すれば。

昨年から自動車学校に通っています。
出産のため数ヶ月休んでいましたが、1月から再開しました。

卒業検定までもう少しのところまできており、
毎回路上を走っています。

路上を走り始めたばかりのころ、交差点での右折、左折が
すごく怖いときがありました。

横断歩道の確認漏れがあるんじゃないか
歩行者がとびだすんじゃないか
ハンドルを回しすぎて対向車線に入ってしまうんじゃないか

などなど、頭の中に不安感が募るばかり。

とうとう教官に「今のあなたの右左折では、検定は到底ムリ」と
言われてしまいました。

そのときの教官の言葉です。

「怖がらなくていいんですよ。
 きちんと確認して注意していけば。」

その言葉がなぜか頭にすっと入ってきました。

「怖い」という気持ちが先にきて、
やるべき行動まで萎縮させていたのだと思います。

落ち着いて前後左右を確認し、
巻き込み確認し、横断歩道を確認し、
ゆっくりとハンドルを回せばいい。

そのことを意識し始めてから、交差点での右左折が「怖い」
という気持ちはだんだん無くなっていきました。

「怖いと思うこと」は、
「やるべきことをやれば、解決できること」

なのかもしれません。

いよいよ来週は卒業検定です。
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

クリスピー・クリーム・ドーナツ

久しぶりにクリスピー・クリーム・ドーナツをゲットしました。

ドーナツ1.jpg

ドーナツ2.jpg

東京へ行っただんな様のお土産です。

以前は東京へ行った際には、自分で買ってました。
それくらい、美味しい!

サクッとして、ふわっとして、じわ〜っと甘いです。

もともとアメリカのチェーンですが、2006年にフランチャイズとして日本での展開が始まりました。
展開をしてくれた方に感謝です。

お店の前には、いつも長〜い行列ができています。
並んで待っているときに、ガラス張りの店内のドーナツ製造工程を
みることができたり、
試食として、一人に丸々一個のドーナツが配られたりします。

箱買いをすると、早く買わせてくれたりするので、
いつも箱買いです。
というわけで、だんな様も箱で買ってきてくれました。
実家にもお裾分けをして、みんなでホクホク食べました。

関東の方がうらやましいです。

九州にくるのはいつになるんだろう・・・。

新幹線
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 小確幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

宝地図作りました

新年も始まったので、
だんな様と宝地図を作りました。
takarachizu.jpg


宝地図とは、

「大きな紙に自分の夢を書き込み、イメージや写真を貼っていく。
それを部屋に飾って、毎日眺めるだけです。
それを始めると、あなたの夢が叶ってしまう」
というものです。
(『幸せに夢を叶える宝地図』(望月俊孝さん著)より)

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
夢を叶える宝地図−叶う夢だから心に宿る−

私はこのサブタイトルがけっこう好きです。

本当は、ちゃんとセミナーに出て本格的に作りたいのですが、
宮崎だとそうもいかなくて・・・。
送ってもらった小冊子を片手に作っていきました。

実現したい未来をどんどんビジュアル化していって、
かなりワクワクしてきました。
夫婦間で「えっ、そんなこと考えてたん?」ということもあり(笑)。

作成の最終ステップは、「最初の一歩を踏み出す」です。
今年は種まきの年。まず一歩踏み出しましょう。

いつか宝地図ナビゲーターになりたいな〜。

るんるん
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

2009年 雑草宣言

2008年を振り返ると、後半はとくにいろんなことが起きて
よくエネルギーを使った一年でした。
プライベートも仕事も、心配ごとが絶えず、
年末はけっこう疲れていたと思います。

大晦日を明日に控えた12月30日、久しぶりに自転車で
近くのスーパーへ行きました。
自転車を漕ぎながら、「来年はいったいどんな年に
なるんだろう・・・」と少し不安な気持ちで考えていました。

田んぼのあぜ道を自転車で走っていると、
大阪にいた時のことが急に思い出されました。
大阪では自転車で走りまわっていましたので。

高校を卒業した後、ゼロスタートで始めた大阪生活。
知り合う人、学校、仕事、何もかも初めての中、
全力でぶつかり、もがいて、泣いて、笑って、
日々を過ごしてきました。
素晴らしい方々との出会いの中で自分の夢を見つけ、
チャレンジと失敗をくりかえし、少しずつ夢に近づいてきました。

そんな中、土日に通っていた専門学校の先生に言われた一言。
「キミは、雑草のような人やね」

当時勉強していた資格試験に落ちても落ちてもまた受ける
私のことを、先生は「雑草のような人」と言ったのでした。
たぶん、ホメ言葉・・・。

そこまで思い出したとき、ふと思いました。
私、自分が「雑草」系だということを、忘れていたなあと。
何を「かよわい花」のようなつもりになってたんだろうと。

ここ数ヶ月、いろんなことが順調に運んだことで、
自分が弱くなっていくところでした。
あぶない、あぶない。

大阪でもゼロからスタートして、やってきました。
宮崎でも何があっても乗り越えていける気が、なんだかしてきました。

自転車での帰り道はすっかり元気ぴかぴか(新しい)

2009年は、『雑草』の本領発揮の年になりそうです。

晴れ
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

俊平の入院

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

久しぶりの記事投稿です。
というのも、12月8日から29日までの3週間、
息子が入院していたので、私も付き添いで病院で生活していました。

息子の俊平は、高熱を出す病気で、後遺症も心配されましたが、
幸い今のところは普通の赤ちゃんに戻ったので一安心しています。

最初、主治医の先生が病状を説明してくれる口調が
ポツポツと重いので、余計不安が募りましたが、
日が経つにつれ予想が良い方に裏切られ、俊平はめきめきと
回復していきました。

息子の病状がまだどうなるかわからない段階のとき、
呼吸器をつけられている小さな体を見ながら、
「世の中にこんなにつらいことがあったんだ」と思いました。

「俊平が元気に回復したら、もう何も怖くないね。
何でもできそうな気がするね。」と夫婦でよく言ってました。
それくらい、祈るような気持ちでした。
実際、めちゃめちゃ、神様に祈りました。

だから医師から「俊平くんの回復には、ドクターたちもみんな
正直おどろいているんです。」と言われたときは、「神様」
(何かの大きな力)と、祈ってくださったみなさんに感謝しました。

俊平もがんばりました。
スーパー赤ちゃんです。

私は「子育てを甘く考えていた」と思います。
後悔のないよう、俊平が小さいうちは一緒にいようと思います。
2009年から、人生初の「主婦生活」です。

人生には、ほんとにいろんなことが起きますね。
受け入れられることもあれば、受け入れがたいこともあり・・・。
でも「人生は良くなるようにできている」。
人生で起きるすべてのことを、受け取っていきましょう。

2009年は、母親という新しいステージに本格的に突入です。

みなさんの2009年が、素晴らしい一年になりますように。

ぴかぴか(新しい)
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

AかOか

事件です!

先日、息子が入院していた病院で、息子の血液型の検査がありました。

看護士さん「馬場さん、俊平くんの血液型が出ましたよ」
 私   「そうですか!ちなみに私も主人もO型なので、
      O型以外だと問題なんですが。(冗談っぽく)」
看護士さん「がく〜(落胆した顔)・・・・。A型でした。
      念のため、もう一度検査してみます」

再検査の結果、やはりA型でした。
O型とO型からは、どうしてもA型はできないそうで、
結局、私か主人かがA型なんじゃないか、という結論になりました。

今度、血液型検査に行く予定です。

旦那さまも私も子供の頃から「自分はO型」だと思ってきましたので、
もしA型だったりしたら馬場家ではけっこう大事件になります。
自分は大雑把だと思っていたのに実は几帳面だった、なんてことになってしまいます。

ちなみに息子は体重が3500gになり、すでに横綱の貫禄です。
生まれたてで保育器に入っていた頃の面影はほとんどありません。
時々見せる、お地蔵さんのような表情がとてもカワイイです。
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☔| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

スキマ睡眠法

息子が退院し、家に帰ってきてから1週間が経ちました。

赤ちゃんは、生後1〜2ヶ月は、3時間おきに目を覚まし
ミルクを飲むと言われています。
私も覚悟はしていたものの、いざ始まってみると
夜中に3時間おき(ときには1時間半とか2時間おき)に起きるというのは、
過去に経験していない種類のハードさで、慣れるのが大変でした。
もともと、8時間くらいガッツリ寝るタイプでしたし。

そんなわけで、最初の3日間くらいは、日中も夢うつつ。
私自身が眠りかぶって、頭が後ろにガックンとなりながら、
赤ちゃんにミルクをあげていました。

でも、このままではしんどすぎるので、
自分自身の生活&睡眠リズムを今の状態に合わせよう!と一念発起。
夜の睡眠時間も細切れだけど、昼間もスキあらば30分でも1時間でも寝ることにしました。

忙しいビジネスマンがやる「スキマ勉強法」のように、
「スキマ睡眠法」です。
まだ「元気バリバリ」とまではいきませんが、
頭の中は、ここ2,3日はだいぶスッキリしてきました。

世の中のお母さんたちって、こんなことに耐えているんですね。
本当にすごいと思います。

今、一番やりたいことは、10時間くらいぶっ通しで眠ることです。
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

生まれました!

10月31日に、待望の第一子が生まれました!
体重2560グラム。身長46センチ。
少し小さいけど、元気な男の子です。

予定日は11月29日でしたが、1ヶ月も早い10月30日の夜に破水してそのまま出産となって、私も旦那様もビックリ。

出産後は、私が1週間入院し、赤ちゃんは2週間入院してからの退院となった。
今は、二人とも私の実家でお世話になっている。

3時間おきに赤ちゃんは起きてミルクを飲むので、最初の2、3日はどうしても睡眠不足になってしまったが、最近は生活サイクルに慣れてきた。

まだ、生まれて2週間だけど、赤ちゃんはヤバイくらい、かわいい。
こんなに小さくて、軽くて、柔らかいのに、必死でミルクを飲む様子が、愛おしくってたまらない、と抱っこするたびに思う。

すっかり「親バカ」になってしまった。

今までは、正直、自分たち夫婦だけでなら、どんな苦境も雑草パワーで乗りきっていけるわ!と思っていたが、赤ちゃんが生まれた後は、「この子にはつらい思いはさせられない」と感じている自分がいる。

幸せな気持ちと、責任感。
楽しみと、不安。
こんな気持ちになるなんて、自分でも思ってもみなかった。

2007年の8月まで、結婚の「け」の字も出産の「し」の字もなかった私。
こうやって、あれよあれよという間に、みんなお母さんになっていくのだろうか。

俊平 001.jpg


posted by Aiko at 11:53| 宮崎 ☁| Comment(5) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

会社の目的

最近、仕事をしているとき
「この会社の存続する目的ってなんだろう?」とよく考える。

ここ数年、だんだんとお客様は本当に必要なものしか買わなくなった。
お財布のヒモが、めちゃめちゃ固い。

結果として、うちのように改善の余地がいっぱいある会社は、
資金繰りが厳しくなってくる。
毎月のように「今月を乗りきれば」という思いですごし、
乗りきったときに「やったー」と思う。

そして冒頭の疑問が浮かんでくるのだ。

たぶん、今はまだ売上(または利益)のためだけに存続しているような気がしているから。
もっと言えば、これまで売上だけのために活動してきたから、今の状態になった。

私は売上の先にある答えが知りたい。
つまり会社のミッションであり、経営理念。

それがあれば、みんなのやる気がわき起こり、
それがあれば、いろんな判断をするときの軸になり、
それがあれば、自分たちの仕事に誇りを感じられるもの。

お金ではないはず。
お金も必要だけど。


いつか絶対、そんな会社を作りたい。




posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

結婚生活って「意外に」?

今年の4月に結婚して約5ヶ月。

昨日、夕ご飯を食べているときに、だんな様が唐突に
「あいちゃんとの結婚生活って、意外に楽しいよね」と言った。

一瞬、「意外に」っていうところにピクッとしたけど、
私の方も、「ほんと。意外に楽しいよね〜」と返事をしていた。
一緒に暮らしていて、「楽しい」と言われるのは嬉しかったし、
良かったと思う。私も楽しい。

もともと、赤の他人だった人と一緒に住んで、家族になっていくことは
もっと難しいものかもしれない、という予想がなんとなくあった。

実際には、この5ヶ月間は嵐のように過ぎ、
そんなこと気にする余裕もなく、毎日の出来事をクリアするのに精一杯だったのだけど、
家に帰って二人でいると、疲れもモヤモヤも、うまいことリセットされていた気がする。

世の中の夫婦や家族って、こうやってできていくのだろうか?なんて
勝手に想像する今日このごろ。

大阪時代は、何よりも自分一人の時間を大切にしていた。
そのころは、自分が結婚してこうなるなんて、想像もつかなかった。
しかし人生は進行し、今は自分一人の時間ってほとんどないけど、
なんとかなるものだ。

そんな二人の生活もあと2ヶ月で終わり、11月末には3人家族になる。
これまた「意外に楽しい」と言ってもらえるよう、
自然に自然に、がんばります。


posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

おみやげとプレゼント

ちょっと前の話だが、2人の友人から嬉しいプレゼントをもらった!

まずは、夏をドイツで過ごして帰国したペンギンちゃんから。
大好きなMILKAのチョコレート。
しかも大好きなミルク&ホワイト。ペロリでした。
blog 001.jpg

そしてチョコと一緒に、ぺーパーナプキン。
コウノトリが赤ちゃんを運んでいるのだ。ドイツのディンケルスビュールという小さくて美しい村で見つけて買ってくれたとのこと。
嬉しい!
blog 004.jpg

そうかと思えば、最近「結婚しましたハガキ」(遅くなってごめんね!)を出したタムラッチから、結婚&妊娠のお祝い。
フッカフカのバスタオルと、これ↓↓!
blog 002.jpg

な、な、なんと手縫いのバッグなのだ。
超かわいい〜。

ほんわりとした温かい気持ちをくれた二人のともだち、本当にありがとう!
私はその時期、落ち込むこともあったんだけど、
絶妙なタイミングで届いたこのお土産とプレゼントと
そしてカードのメッセージに
とても心が癒されて、励まされたのだ。

幸せな気持ちって、たぶんこういうことから生まれてくる。
贈るほうも、もらうほうも。

こんな素敵なプレゼント力を、私もつけていきたい。
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

産まれる前にしておきたい5つのこと

俊平くん(子どもの名前)の出産予定日は11月29日。
それまでにやっておきたいことを5つリストアップしてみた。

1 自分の部屋・荷物の整理整頓

2 運転免許の取得

3 休むあいだの仕事体制を整えておくこと

4 産後の俊平くんインプットプログラムの作成

5 年賀状の準備


この5項目は、沢山ある中から絞り込んだもので、
これ以外に思いついても増やさないことに決めた。

現在の状況は、

1は、整理のための棚と箱を買い設置。70%終了

2は、先週仮免試験に合格した!50%終了

3は、一番難しい。いま考え中。

4は、公文式の幼児の部で昨年国語教材全国1位となった娘を育てた妹ホリデーのアドバイスのもと、完了。
ちなみに内容は、産後半年間、@童謡200曲をずっと流す、授乳中に歌う。A毎日10冊×3セットの読み聞かせをする、の2つだ。

5は、まだ手をつけていない。


この目標を立てたとき、それがすべて終わってゆったりと産後の1ヶ月を過ごしている自分をイメージした。

12月のひんやりとした空気のなか、心配ごともなく、俊平くんと二人で過ごしている自分のすがたが見えて、「そういう状態になりたい!」と思った。

予定ではあと2ヶ月。
産まれてくるのが楽しみだ。
それまでに、準備がんばるぞー。

posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

宮崎県人

今日は宮崎市で中小企業診断士の更新研修があった。

延岡市から約1時間とちょっと電車にのり、会場のある宮崎市へ。
大阪や東京などの大都市では、数十日の候補日があり、候補日を選べるのだが、宮崎では理論更新研修は一年に1日しかない。

曜日が土曜日になっているのも、おそらく
県庁や銀行の人が多いからということであった。

会場に着くと50〜60人くらいの人たちがいて、
女性(しかも妊婦)は私だけだった。
なぜか旦那さまが一番前の席に座ったので、私もその隣に座る。

テーマは前半が国の中小企業施策と宮崎県の業況の説明で、
後半が地域資源についてのかなり詳しい話だった。
宮崎県では、東国原知事が就任して以降、
観光客が50万人を超えたり、物産館での売上が倍増(以上)しているらしい。

その後の地域資源の話も宮崎色が強くて、大阪の研修とは全然違っている印象だった。
独立しているコンサルタントも数名しかいないということ。
地域によって全然違うものだ。

そして終了後の夜、
4名の方と私たち夫婦2名の計6名で懇親会へ。
県庁のAさん、商工会議所のBさん、銀行のCさん、保険の営業のDさん、そして中小企業ドップリの私たち二人という面白いメンバーだった。

年齢も近かったし、全員が一度は東京や大阪に出て宮崎にUターン就職してる人たちだったので、お酒が進むにつれて話題もヒートアップ。滅多に聞けない話などもあり、盛り上がる。

私は一人しらふだったのだが、
目の前でどんどん酔いながらも
「商店街をどうにかしましょうよ〜」とか
「駅前をもっと開発せんと」とか言っている人たちを見ていると、
なんかウレシイ、というか、みんな同じ気持ちなんだな〜としみじみ思った。

ここにも、志を持つ人たちアリ。

懇親会後、電車でまた延岡へ。
家に着いたのは11時を過ぎていたけど、とても気持ちよい疲労感が漂った夜だった。
posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

理想と現実

しばらく自宅安静だったのだが、今週の半ばから仕事に復帰した。

今の会社に転職して3ヶ月。
かなり慣れたし、会社の仕組みも知ったし、人の顔と名前も大丈夫。
でも、最近感じることがある。
予想していたよりもずーっと一筋縄ではいかない、ということ。

振り返ると、私が3月まで大阪で15年間勤めていた会社は、
本当に「質」の良い会社だった。
「質」の良し悪しの判定基準は、私の主観的なものだけど、
どういう意味で「質」がよいかというと、
仕事をしていくなかで「仕事に集中」することができた。
頭がよくて心も強くて自信に溢れる人たちが沢山いた。
そして共通の理念とビジョンを持ち、日々それに向かって仕事をしていた。

大阪にいたころ「そんなの理想やで」と社外の知り合いに何回言われたかわからない。
けどそういう組織、会社は実在していたし、
そんな恵まれた環境で働けていたと思う。

そして、もちろん世間は甘くなく、
私はいま、思い切り「理想と現実」の「現実」の方にはまっている。
これまでの自分の信念も持ちつつ、
自分をシフトチェンジしなければいけない必要性を感じている。

すごく強烈な個性や、強い考え方を持っている人たちがいて、
否定から入られるとめげそうになるときがある。
めげないけど。
今の会社の取引先への対応の現状を知って、
「どうしてそうなのか」と怒りがわき上がってくるときがある。
相手の対応が想定外過ぎて、エネルギーを吸い取られるような気持ちになるときもある。

でもちょっと待って、と思った。
中には、本当に変えなくてはいけないこともあると思うが、
私の受け止め方ももっと変えて(広げて)いかないといけないのかも。

これまでの私にとっての『当たり前』と、今の環境での『当たり前』の違いは、とても大きい。
それは大企業と中小企業の違いであり、
教育業界と、衣料品小売業界の違いであり、
経験年数の長さの違いでもある。
違っていて、当たり前なのだ。

だから、まずは違いを知ること。
そのためには、コミュニケーション。

そこで働く人たちも、やはり違う。
置かれている環境が違うのだから、そういう色になる。
話が噛み合わないことから入ることが多いけど、
それでお互いが離れてしまっては、もったいなさ過ぎるし、
会社は良くはならない。
毎月乗りきるのがやっとで、悠長なことを言っていられない現状もある。

自分の信念は守りながら、
自分にできることを精一杯やろう。
そのために、宮崎に帰ってきたのだから。
posted by Aiko at 12:52| 宮崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

二度とない人生だから

ずっっと家にいるので、この際だから
溜まってた雑誌のスクラップなどを整理していた。
(基本は安静にしていますが・・・ちょっとだけ)

するとある雑誌の記事がでてきた。
詩人の坂村真民さんの特集の記事。
そこに載っていた一篇の詩を紹介します。


二度とない人生だから
一輪の花にも 
無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも 
無心の耳をかたむけてゆこう

二度とない人生だから
一匹のこおろぎでも
ふみころさないように
こころしてゆこう
どんなにか
よろこぶことだろう

二度とない人生だから
一ぺんでも多く
便りをしよう
返事は必ず
書くことにしよう

二度とない人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
こころ豊かに接してゆこう

二度とない人生だから
つゆくさのつゆにも
めぐりあいのふしぎを思い
足をとどめてみつめてゆこう

二度とない人生だから
のぼる日しずむ日
まるい月かけてゆく月
四季それぞれの
星々の光にふれて
わがこころを
あらいきよめてゆこう

二度とない人生だから
戦争のない世の
実現に努力し
そういう詩を
一篇でも多く
つくってゆこう
わたしが死んだら
あとをついでくれる
若い人たちのために
この大願を
書きつづけてゆこう



イエローハットの山口県の物流センターには
この詩を刻んだ石の詩碑があるそうだ。

また、佐賀県のある保育園では、
朝の時間に、園児たちがこの詩のテープを聴いて
手話をしながら朗唱するとのこと。

毎日毎日繰り返し聴き、言葉に出すことで、
潜在意識にしっかり入り、その子どもの根っことなる、

と記事にはあった。

自分の周りにある世界は変わらないのに、
心がまえとか視点とか、なにかが変わるきっかけで、
砂漠がオアシスに見えたり
冷たい人が優しい人に見えたりすることがある。

それが常時できないのは、自分がまだまだ未熟だってこと。

奇しくも今日は、広島に原爆が落ちた日で、
なんかいろんなことを考えた。

posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

風の影

おかげさまで入院安静も終わり、今週は自宅安静に戻った。
安静っていうのは、基本的にはベッドに横になり、
外出はもちろん家事もだめ、という状態なのが、入院してみてよく分かった。

よかったことは、本が嫌というほど読めたこと。

中でも『風の影』という小説にすっかりはまって一気読みしてしまった。




スペインのバルセロナが舞台。
内容は、こちらのリンク『風の影』をご覧ください。

スペインの小説を初めて読んだのだけど、
今までにない読後感。
おどろおどろしいのに、終わったあとがすごく爽やか。
字も小さくて、しかも分厚い文庫版で上・下の2冊ある。
でも止まらなくなる。

読みながら、これまで仕事などで会ったスペイン人の人たちの顔が浮かんできた。
あの人たちは、こういう文化や歴史背景をもった国から来ていたのか、とあらためて思う。
すっかり興味シンシンになってしまった。

人のお勧めの本は、基本的に読むようにしている。
この本は大当たり。

ひらめき


posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

おきあがりこぶし

今日は私と私のコーチとのセッションの日。
自宅安静にしていることと、仕事を休んでいることのジレンマを話した。

話しているうちに頭に浮かんできたのは、
「何かを得るためには、何かを犠牲にしなくてはならない」という
ある本に書いてあった言葉。
つまり、赤ちゃんを無事に産むためには仕事を休むことが必要、ということ。
分かっているけど、まだ整理できていない不安が残る。

そのことをコーチに伝えた。すると、
「あのー、ずっと感じていたことがあるんですが、言ってもいいですか?」とコーチ。

「Aikoさんは、両手にいっぱいもっているのに、それ以上何かを持とうとしているように感じます。
今の仕事を手放すと何が起こるんですか?

何かを手に持ったまま「私がしないとだめなの」と言っている感じがします。
(誰にも言われていないのに。)
いつも急いでいる感じです。
目の前の景色が見るべき景色なのに、急いで通り過ぎている感じ。
時々オーバーヒートしそうなので心配です。」


目からウロコのフィードバックだった。
もし、自分を客観的に見たら、コーチのコメントのように
感じるかもしれない。
「そのとおりだ〜」と思った。

「おきあがりこぶし」という人形がある。
あの、倒しても倒しても起きあがってくる人形。
私はずっと、あのおきあがりこぶしのように強くなりたい、と思っていた。

そう言うと、コーチが言った。
「起きあがりこぶしには賛成です。
次に倒れたときに、しばらく倒れたままでいて、
そのときの周りの景色を眺めてみるのはどうでしょうか?
それからゆっくり起きあがっては?」


ちょうど明日から1週間、入院安静になった。
しばらくは、倒れたままのおきあがりこぶしになって、
周りの景色を眺めてみようかな。


ひらめき


posted by Aiko at 01:34| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

自宅安静

先週の土曜日、お腹の下の方がキリキリしていたので
念のためと思い、かかりつけの産婦人科へ行った。

病院では、モニターの機械をつけてお腹のハリ具合を図ったり、
エコーでお腹の様子を確認したところ、
「2週間ほど仕事も休みましょうか。自宅で安静にしてください。
今なにかあると、赤ちゃんにとっても大変だから」
と先生が言った。

どうやら、子宮が収縮し切迫早産(または流産)のおそれがあるらしい。

切迫早産とは、「早産になりそうな徴候があるものの、
安静や治療によりそれを防止できる可能性がある場合」のこと。

今は5ヶ月目が終わって6ヶ月に入ったくらいなのだが、
ちょうど流産になるか早産になるかの境目で、どちらにしても絶対に避けないといけない大事な時期なのだそうだ。

というわけで、一日中ずっと自宅安静。
仕事も教習所もお休み。
いろいろ、やりたいことはあるけど、今はぐっとガマンのときだ。
安静にしてお薬をのんで、この時期を過ごさないといけない。
赤ちゃんはお母さんの心配をよそに、毎日グイグイお腹の中で動き回っている。

会社も今、がんばりどころなのだが、
皆さんが「とにかくゆっくり休みなさい」と言ってくれる。
役に立てない自分が、すごく申し訳なくて、
でも今一番優先すべきは、赤ちゃんのこと。

今は、周りのみなさんに感謝することしかできないけど、
「こういうときもある」って、プラスに受け止めていこうと思う。







posted by Aiko at 11:48| 宮崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

小さいけど確かな幸せ

ひさびさの・・・
小確幸(小さいけど確かな幸せ)連発。

道を歩いていたら、
すれ違った小学生から「こんにちは」と挨拶されたこと。

近所の手作り弁当屋さんにお弁当を買いに行ったら、
えびのかき揚げをおまけで入れてくれたこと。

昨夜、ル・クルーゼのお鍋で作った肉ジャガが、
すんごく美味しくできたこと。

近所の酒屋にガムを買いにいったら、
「賞味期限は切れたけど、飲めるから持っていきね」と炭酸水を2本くれたこと。

自動車教習所の技能で、教官から
「今日はよくできたね。花マルです」と言われたこと。

お腹の赤ちゃんが、最近内側でトントンと動くのを感じること。



しあわせです。
posted by Aiko at 23:39| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小確幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。