2004年12月12日

沖縄!

怒濤のような一週間だった。
その一週間のしめくくりに、この土日に沖縄に行ってきた。

なぜ沖縄かというと、社内旅行。
そして、今年、私は会社の互助会の幹事をしているので、行かざるを得なかったのだ。
総勢96名の団体様。

行ってみたら、すごく楽しかった。(体は疲れたけど)
土曜日は、沖縄本島の北部にある「ちゅら海水族館」に行った。
水槽の大きさ、深さが世界一の水族館だ。
ジンベイザメが3匹、マンタが4匹もいた。

かなりかっちょよかった。
↓ジンメイザメ3匹↓
jinnbei

夜のディナーパーティーでは、幹事のサンタの衣装とクイズが受けて、
大盛り上がりに盛り上がった。
なによりも沖縄の海に心を癒された。
みんなお互いに、自然と、優しくなったような気がする。

日曜日の今日は、一日フリータイム。
私はホテルでゆっくりしようと思っていたが、偶然ある人から
同じ会社の那覇にある部署がやっているイベントへ行くことをきき、
急きょ、同行させてもらった。
それについては、別タイトルで詳しく書きます。

正直に言うと、社内旅行とは言え年末のこの時期に、土日がつぶれるのはかなり痛かった。
それでも、しばしば、この「〜せざるを得ない状況」というのがある。

そして、今回、思った。
自分が決めたことでなくても、「〜せざるを得ない状況」というのは、結果的に自分にとって必要な出来事だったりする。
神様が、「いいから、やってみてごらん」って言っているように思う。

人生に起こることは、すべて必然。
きっと今日起こったこと、出会った人は、すべて私にとって何かを教えてくれる存在なのだろう。
posted by Aiko at 21:15| 宮崎 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

旭山動物園

北海道の美瑛に、ペンギンさん(人間)と二人旅をした。

北海道はでっかいどー!(すみません)
美瑛1.JPG

目的は日本最北の動物園「旭山動物園」!。
今年の春ごろテレビのドキュメンタリーで偶然みて、
いつか行こうと思い続けてたところ、実現のチャンスが到来したのだ。

11月13日は、雪が降っていて寒かった。
開園時間も、冬季は11時から2時までの3時間だけ。
それでも、開園前から入場券売場には行列ができている。

まず、規模が小さくておどろいた。
混んでいなければ30分もあれば全部まわれるんじゃないだろうか。
さっそくキャーキャー言って楽しんだ。

ペンギンさん(動物)。
美瑛2.JPG

泳ぐシロクマ。
美瑛3.JPG

水槽の横から、水中の様子が見られる。

なんだかとっても動物が「近い」のだ。
ペンギンも、ホッキョクグマもアザラシもすぐそこで見られる感じ。
いろんな仕草や動きを、ずっと見ていられる。

旭山動物園は市営の動物園で、
見物者の視点に立ち動物の生態を生かしたユニークな展示法で、
従来の動物園のイメージを一新させたはしりと言われている。

9年間前に、園長が市長に長年あたためてきたビジョンを熱く
語ったことが改装の予算がついたきっかけだったそう。

とはいっても予算は少なく、スタッフが自前の手作業で実現した
アイデアも多いとのこと。
人が少なく仕事は多いという環境で、スタッフは音をあげるどころか、
ブームを背景に士気は高まったそうだ。

今年7〜8月の入場者数では、上野動物園を抜いて日本一となった。
なんか、分かる気がする。
人にお勧めしたくなるし、自分ももう一回行きたいもん。

制約のある環境の中で、人の可能性を最大限に生かして
弱みを強みに変えている。
とても「心」がこもっている場所だった。

そして帰りは、写真家の前田真三氏の「拓真館」を見学して
帰りました。

楽しかった。ペンギンさん(人間の)、どうもありがとう!
posted by Aiko at 23:46| 宮崎 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。