2009年05月25日

仕事いってます

ちょっと前に、仕事に行くかどうかを迷っているという記事を
書きましたが、結局4月から仕事に復帰しました。

とは言っても、週に3日、午前中の出勤です。

私の立場は「管理マネージャー」。
主にお金のこと、人事のこと、あと社内の企画など。
販売や仕入はしませんが、それ以外の裏方をだいたいやります。

ものすごおく仕事のできるパート社員の方が2名いて、
実際の作業はそのお二人がまれに見る処理能力で片づけてくださります。
私の仕事は、判断事項や取引先、銀行への対応など。

やるべきことがたーくさんあって、
もちろん週に3日の午前中では片づきません。

でも、俊平と過ごす時間は「死守」です。

なので、銀行に出す書類などを作らなくてはいけないときは
俊平が寝たあと、よるに一人パチパチパソコンに向かいます。

俊平と一緒にいたい。

店をほうっておけない。

自分のなかでつねに葛藤を抱えながら2ヶ月が過ぎようとしています。

答えはきっと出るべきときに出るはず。
それまでは、自分に課せられたお題をこなすために
ベストを尽くさなくては。

この状況に一番被害を受けているのは、
旦那様かもしれませんねモバQ

posted by Aiko at 00:00| 宮崎 ☔| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

読み聞かせ2500冊達成

俊平の絵本読み聞かせが、今週のはじめに2500冊を達成しました。

当初立てた目標は、1才までに10000冊。
なぜかというと、公文式には

「歌200、読み聞かせ1万、賢い子」

という標語があり、乳幼児期に絵本の読み聞かせや童謡を歌ってあげることが、
身体の発達を助けると強く信じられているからです。

その回数の目安が、童謡なら200曲を歌えるようになること。
絵本なら10000冊(回)を読み聞かせすること。

一日に、だいたい30冊を目安に読みます。
(同じ本を2回ずつ、15冊)
もちろん達成できる日もあるし、できない日もあります。

1000冊を超えたあたりから、
俊平は、本をじっと見て、絵本に集中するようになりました。
だいたい10冊〜15冊は続けて聞くことができ、
じっと絵本を聞いている姿は、とてもカワイイ黒ハート

生後6ヶ月になった最近は、両手を絵本の方にのばして
本をつかもうとしたり、ページをめくろうとするようになりました。

息子の成長のために、してあげたいことはまだまだ沢山あります。
公文に勤めていなかったら、知らなかったことばかりだったと
思いますので、私はラッキーですね。

今、自分にできることは、どんなことでもやるし、
その効果が出てくるのが、とても楽しみです。

何より、俊平と一緒に絵本を読む時間は、
今の私にとって、何よりも宝物です。
posted by Aiko at 23:34| 宮崎 | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。