2007年10月02日

かもめ食堂

映画「かもめ食堂」を見た。
かもめ食堂1.jpg

日本映画だけどこの映画の舞台はフィンランド。
主人公が食堂を始めたところからストーリーが始まる。
静かでのんびりしている雰囲気だけど、なんか入り込んでしまう感じ。
自分も主人公と一緒になって、フィンランドで食堂をしているような気分になる。

かもめ食堂3.jpg

登場人物のキャスティングもピシャリだと思う。
ベテラン女優が3人。映画を観ているあいだ、不思議とこの3人の「年齢」について意識しなくなっていた。
若く見えるということではなく(若くてきれいだが)、この人たちが何歳なのかどうでもよくなってしまう感覚。
もちろん映画では、年齢の話は出てこない。
学生のようでもあり、いい年齢にも見える。不思議〜。

そして、一番注目したのは、かもめ食堂や主人公の家のインテリアだった。
北欧の家具って感じで、明るくて気持ちいい。木の机やイス、間接照明、白いお皿、なんとも言えない清潔感がある。この映画にはそれが満載なのだ。
もうすぐ関西にも北欧の家具のお店「IKEA」が来るけど、早く来てほしい〜!
シナモンロールの香りまでただよってきそう!
かもめ食堂2.jpg

フィンランドの町並みも美しかった。
『かもめ食堂』しみじみと良かったです。

一生のうちに数ヶ月でもよいので、この主人公のような生活をしてみようと思った。
静かにゆったりと時間を過ごす生活。
お金に左右されず自分の好きなことだけをする生活。
さっそく「死ぬまでにしたいことリスト」に一つ追加した。

posted by Aiko at 00:18| 宮崎 ☁| Comment(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。