2005年01月04日

初夢?

昨日、空港にいて今から海外旅行に出る夢をみた。

当初、2005年1月に、イギリス短期留学を予定していた。
インドネシア沖地震の関係で、仕事を休まないことにしたので、
留学は延期になった。

1月4日。もしイギリスに行っていれば、今日が学校の初日だ。
自分が今、宮崎にいるのが不思議だ。
自分の判断が自分の行動を決め、人生につながっていくのを実感している。

ところで私たちのチームは、夏休みをまだとっていなかったので、みんなで
2週間の冬休みをとっている。(だからイギリスに行こうと思っていたんだけど)
そのため、今年はゆっくりと実家に滞在できるので、これはこれで
気持ちが安らぐ。

今朝は、弟の「ただいま〜!!」という声で起こされた。
お正月を関西で過ごした弟は、今朝のフェリーで帰ってきた。
なぜか妙にテンションが高い。
姉に会えるのがよほど嬉しいのか?と思っていると、
私の顔をみて、「うわっ、おったっけ?(いたの?)」と驚いていた。

彼は今週末に成人式だ。
姉バカだけど、なかなかいい青年になった。

イギリスについては、またチャレンジしようと思う。
あの夢はきっと「初夢」。
楽しみが先に延びたと思って、また準備を楽しむぞ。
2回目だからもっとうまく準備できるはず。
posted by Aiko at 12:57| 宮崎 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

ケンタロウと散歩

朝おきたら、庭のケンタロウが呼んでいた。
家族はもう仕事に出ていて、家にいるのは私だけで、
ケンタロウはあきらかに家に向かって吠えていた。
「散歩に連れて行け」と言っているのだ。

ケンタロウくん。
kentarou.bmp

支度して、午後から散歩に出た。
実家から山の中の道を下ると、市の運動公園に出る。
公園、サッカー場、陸上競技場、クロスカントリーコースなどが集まっていて、散歩する人たちやジョギングしている人たちがたくさんくる場所だ。
サッカー場.bmp

今日はすごく良い天気で、空が青くて、風がなく、とても気持ちよい日だった。
サッカー場には誰もいなかったので、そこでケンタロウを放してあげた。
ケンタロウは一目散にサッカー場をナナメに走っていく。
私はそこにあるベンチにしばらく座っていた。

冬の冷たく澄んだ空気、高い空。
サッカー場の白い砂に映る木の影が、青く見える。
すごく静かで、ケンタロウが走る音しか聞こえない。
風景に見とれてしまった。
旅行にいかなくても、こんなに近くに、自分を癒してくれる景色が
小さいころからあったことに気づく。

「天地同根万物一体」
人間も自然も根っこは同じ。
自然を感じることができること、目が見えること、音が聞こえること、
味がわかること、息ができること、
すべて、当たり前ではないことなんだと思う。

生命はすごい。私は何もしていないのに、私を生かしてくれている。
感謝だなあ。感謝。

そんなことを考えたいたら、ケンタロウがタッタッタと戻ってきた。
「ああ、よく走った」と満足した顔をしている。

ここで一句。

目に落葉 山と青空 ケンタロウ


posted by Aiko at 22:34| 宮崎 ☁| Comment(0) | 小確幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

2005の抱負

あけましておめでとうございます。
今年は、実家で両親と妹と、比較的に静かなお正月。
昼間からおとそをのんで、いい気分になった。

今年の抱負は二つ、一つ目は「穏やかな心」。
というのは、年末から色々あって、心が穏やかでありたいと思っているからで、
自分で自分の心を満たせられるようにしたい。
穏やかでないときにも、穏やかにできるようになりたい。

二つ目は「体験」。
『無知は体験することによって知恵に変わる。』
私はまだまだ知らないことがたくさんある。
ガンガン体験していくぞー。

そしてこれは人生のテーマ。
常に前向きに、愛の言葉と笑顔を保とう。
世界は「よいこと」の光で満ちている。
もし、自分のいる場所が影になっているとすれば、それは
自分が勝手に傘をさして、光をさえぎっているからだ。

すべて自分の受け止め方次第だ。
私たちはいつも光に照らされている。
それを忘れないでおこう。

ところで、紅白歌合戦でマツケンサンバを初めてみた。
あれもかなり光っていましたねー。

posted by Aiko at 22:06| 宮崎 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。